インプレッションズ

インドネタが続きますです。 
中学卒業のころには、音楽の好みがロックからジャズに移りつつあったわけですが・・
高校に入ってからハマッタのが、ジャズサックスの巨人!ジョン・コルトレーンでした。
あんまし、パっ パっらパぁ~~~♪というナニ聞いても同じような(爆)バップ系の音楽は好きではなくて・・・
主にコルトレーンのモード期全盛時代のアトランティック盤やインパルス初期の盤がお気に入りでした。
そんな中、コルトレーンの1枚といったら、コレ!!!
~ かわいいコックさんのおすすめ!この1枚! ~ 
                  “インプレッションズ”
b0054602_2327070.jpg

(1963:アメリカ インパルス盤)
*********************************************
当時コルトレーンが率いていたレギュラーカルテットによる、ニューヨークの名門ライブハウス「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのライブ録音です。
1961年11月1・2・3・5日の4日間、ここのステージに出たようで、火の出るようなライブが繰り広げられたようです。
今ではCDボックスセットでこのライブのほとんどの音源が聞けるのですが、この時分はこの盤と「アット・ザ・ヴィレッジヴァンガード」の2枚しか世に出ておらず、こちらの方が俄然お気に入りでした。
なんといっても、B面1曲めの『インプレッションズ』の凄まじいサックスソロ!
最初と終わりのテーマには、ピアノのマッコイ・タイナーが加わっていますが、
コルトレーンのソロが始まると、バッキングを止めています。
ほとんど、ドラムスのエルヴィン・ジョーンズとの二人の掛け合い!
あまりの気迫に、この曲にはピアノが入れなかったのかと、ずーっと思っていましたが、その後しばらくして、別テイク集のLPが出て・・(1978年ころだったか
で、インプレッションズの別テイク(別の日の録音)が二つ入っていて、
そこではマッコイのピアノソロがあって、びっくりしたのを今でも覚えています。
またこのLPのA面1曲めの『インディア』
ここでのソプラノサックスがこれまた瞑想を呼ぶのでございます。 ハイ
これぞ!インド!コルトレーンもかのインド音楽の影響を受けたジャズミュージシャンの一人ですが、ここでのスピリチュアルな演奏が良ろしおます。
高校生の頃、ちょっとしたインドマイブームでして・・
明かりを暗くして、部屋でお香を炊き(タバコの匂いをごまかすためだったかも
この曲を良く聞きました。
そう!その頃、悪い連れに教えてもらった『バナナの皮を干してタバコに混ぜるとイイぜ!』ということで・・
おやつに食べたバナナの皮をせっせと干して、タバコに混ぜて吸ってみましたが、アラジンの魔法のじゅうたんに乗って空を飛ぶことはなかったです。 (爆
ご本人の名誉のために云っときますが (って僕ですが・・
その後、高校卒業と同時に煙モノとは縁を切りましたし、
もち!その後もその前も、法に触れるような危ないお薬はやっていませんので悪しからず。    (薬物汗
またまた脱線しますが、こんなもんよりもっと気持ち良いものがっ!!
皆さんは見ませんか? 空を飛ぶ夢!!
初めて見たのは二十代半ばだったか。。(そのころ見た映画・スーパーマンの影響だったかも
今でもたまに見ます。
だいたい崖や、ビルの屋上から飛び出すのですが、最初は手を鳥のようにバタバタさせるのですが、
そのうちさーーーーっと空気を切るように滑空を始めて、自由に空中を移動します。
わはは ♪ また見たいなぁ~~~ ♪

次はこちらも見たいなぁ~~~ 人気ブログランキングへ


当店HPへ
by cuococarino | 2007-10-02 23:36